ホーム   »  2012年03月
Archive | 2012年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機巧童子 第2話 森を駆け抜けろ! 009 モーニングコーヒー

太陽が地平線から顔を覗かせていたころ、少年は目を覚ました。
朝から日差しが強く差し込み、今日も気温はかなり上がりそうだ。
近くには森が広がっていて、朝日を浴びた緑が朝露できらきらと光っている。
そよ風が深緑の香りを運んでくる。
少年は伸びをすると、朝の空気をめいっぱい吸い込んだ。
荷物の中からコーヒー豆を取り出し、手頃な石で豆を砕き、沸かした湯でコーヒーを入れる。
男の朝は、一杯のコーヒーで始まる。
ダンディズムに憧れる少年に、モーニングコーヒーは欠かせない。
朝日を眺めながら、小指を立ててコーヒーを味わう。

フッ

朝日に向かって、ニヒルな微笑み。
ちょっと苦いが、これが大人の味だと深く思う少年であった。
ここは荒野に点在する巨大な岩の上。
昨日はアルマジロンとの戦いにより、日中のうちに森を抜けるのが不可能になり、一晩の宿とした。
砂上では寝ているうちに、モンスターの餌食となる可能性が高いのだ。
ジョグはすでに目覚めており、モンスターの気配はないかと岩の下で周囲を散策していた。
ジョグは毎朝、少年の行動を見つつも、何も言わない。
きっと、何も言う気がしないのだろう。
少年は荷物をまとめると、岩の上に立ち上がった。
今日もゴーグルという名の水中眼鏡を、かっこよくセットする。

「いくかっ!」

少年は荷物袋と柳刃包丁を背負い、大岩を滑空するかのように降りていく。
手はマントの裾をつかんで、水平に大きく広げる。
それは翼をイメージするかのように。
飛行機への憧れだろうか。
それとも、少年のたわむれか。
下にたどり着く直前、ジョグの目の前で岩をけってジャンプした。
ジョグからみた少年の姿は、朝日に映し出され輝いていた。
その中で、少年はポーズをきめた。ビシッと凛々しく。
だが、ジョグはあえて何も言わない。何も言えない。

ドスーーーン!!

少年は着地すると同時にポーズをきめた。
着地の衝撃が砂に響く。

「ジョグ、森に入るぞ」

少年は、ゴーグルという名の水中眼鏡をジョグに付けてあげ、並んで森へ向って歩き出した。
その時、後方で1つの砂の盛り上がりが出来た。
それは、ほんのかすかだが臭いがする。
次第に臭いは大きくなってくる。
砂の盛り上がりは、少年が着地した地点に向かって近づいてくるのである。

クンクン

ジョグが危険を察知した。
何か匂う。かすかに臭い。
ジョグは後ろを振り返った。

ザババババーーーーンンンン!!!!!

砂が吹き上がり、サンドワームが出現した。
吠える間もなかった。
それに気付いた少年も、後ろを振り返る。
岩の近くで吹き上がった砂は、少し離れていたいたにも関わらず、少年とジョグの上から土砂降りの如く落ちてきた。

「どゅよわわわ???……!?」

急な状況に、少年は目の前の現実を把握できなかった。
朝っぱらから何てことだ。
サンドワームは、少年が飛び降りた岩の近くで物色しているが、獲物はいない事に気付く。

ドサッ

慌てた少年は、おもわずひっくり返ってしまった。
そのかすかな音を感知したのか、アルマジロンは砂に飛び込むように潜り、急激に近づいてくる。
少年は砂にはいつくばって、手足をバタバタし、もがいていた。

「ジョジョジョジョ……ジョグ!!!!!!」

ジョグがいた箇所に目をやると、そこにジョグはいない。
ジョグは一目散に、森に向かって逃げていた。

「こ、こらーーーーー!!!」

「俺を置いてくなーーーーー!!!!」

自分の叫びで、少年はようやく我に返った。
砂の上で手足をバタバタと、もがきながらも四つん這いになって、ジョグの後を四足で追う。
ジョグの真似をしているのではない。腰を抜かしていたのだ。
後ろからはサンドワームが迫る。
猛烈な速さだ。
少年は四足走行から、ようやく二足走行に立ち直った。
懸命に走る。死に物狂いで走る。
立ち止まったら確実に死ぬ。
森はすぐそこだ。
サンドワームは森の中には入ってこない。
森にさえたどり着ければ。

ザババババーーーーンンンン!!!!!

だが砂が吹き上がり、再びサンドワームは少年のすぐ後ろで顔を出した。

カプッ

飲み込まれそうになるも、ギリギリかわす少年。
またしても吹き上がった砂に覆いかぶされて、身動きが取り難い。
だが、先ほどのような慌て振りはない。
順応性は良いほうだ。
即座に順応出来なければ、この世界いや戦闘においては生き残れない。
少年は落ち着いていた。
だが戦っても勝てる相手ではない。
ただただ、ひたすらに全力で走り続けるしかなかった。
サンドワームにとっては、せっかくの獲物である。逃すわけにはいかない。
大きく口を開けて、砂ごと少年を飲み込もうと挑む。
だが、砂に足を取られつつも、上手くその攻撃をかわしていく。
体力の限界まで力を振り絞り、ようやく森に飛び込むようにして逃げ込んだ。


スポンサーサイト

第7話 始まりの刻 第47回 風が止んだ日

その日の夕方であった。

太陽が水平線の近くまで沈んで、日差しが弱まり、イザークの村は少し暗くなっていた頃である。

村人は住居エリアの外枠に集まり、ガラクタ山の様子を伺っていた。

ポカンと口を開けている者もいれば、そわそわと落ち着かず激しく会話をしている者もいる。

「どうしたんだ、陽が沈もうとしているのに風が吹かない」

「人魂も出てないわ」

イザークの村では、暗くなると決まって風が吹く。

これはもう何度も述べた。

しかし今、風が起きないのである。

皆は、ガラクタ山が風の発生源だと考えている。

風が吹く前は必ずガラクタ山の天辺に、ほのかに白い光の玉が浮かび上がる。

村人は人魂だと言うが、今日はそれさえも出ていないのだ。

「なぜだ、なぜ風が吹かない」

イザークの村にとって、風は大切な役目を持っていた。

この事についても既に述べていることであるが、あえてもう一度話すとしよう。

暗くなると吹く風は、イザークの村の崖を這うようにして、外周をぐるりと回り続ける。

その風は夜の間、盗賊やモンスターの侵入を防ぐこととなっていた。

そのおかげで、イザークの村の住人は、何もおびえることもなく、安心して眠りにつくことが出来た。

しかし、その風が発生しないとなると、風の恩恵を受けることが出来なくなる。

村人は焦った。

焦りは恐怖を生む。

「どうしたら、どうしたらいい」

村人は騒ぐ。

「ジードだよ」

「お化けのジードだよ」

「きっと、ジードなら何とかしてくれるよ」

仲良し三人組が声を上げた。

すると、それに呼応するかのように、1人の女性が声を挙げた。

「そうよ、ジードよ。風を起こしていたのはジードよ」

群集心理は恐い。一人の発した言葉に皆が反応した。

「そうだぜ、ジードだ。あいつが風を起こしていたんだ」

「誰かジードを連れて来い」

「ゼファーの所から連れてて来い」

2・3人の男たちが、ゼファーの風車小屋へ駆け出した。

そのころゼファーの家では夕食をとっていた。

食事を取りながらも、ゼファーは不思議そうに首をかしげていた。

食事をとる時間になると、決まって聞こえてくる風車の回転音が無い。

振動も伝わってこない。

「壊れたのかな」

すると、窓越しに外を眺めていたフィズリーが言った。

「今日は風さん、吹いてないんだね」

「な、何!!」

「今日は何も聞こえないよ」

フィズリーの言葉にゼファーは驚いた。

そしてジードの顔を見る。

「やっぱりこの子が風を」

ゼファーは思わず、外に飛び出した。

「なるほど、風が無い」

風が吹いていないことを確かめると、ドア越しにジードを見つめる。

少し笑顔が浮かぶジード。

食事は楽しいという気持ちを感じ始めていた。

ジードにとっては、風の存在意義がわからない。

記憶を失っているからである。

「ジードは風を生み出す童子なのだろうか」

事実、昨日までは風は吹いていた。

ガラクタ山でジードを発見した今日、風が止んだ。

「おーい、ゼファー」

ガラクタ山から駆け出してきた男たちが、ゼファーに近づいてくる。

「風の件だろう」

ゼファーが先に切り出した。

「そうだ、夕方だと言うのに風が吹かない」

「ジードはいるか、ジードにに確かめたい」

記憶の無いジードに確かめたところで、判ろうはずもないと感じるゼファーであったが、興味はある。

「ジードを連れて、ガラクタ山の皆のところに来てくれ」

「よし、行こう」

「ジード、フィズ、出掛けるぞ」

「えー、まだ食べ終わってなーい」

フィズリーもジードも不服そうな顔でゼファーを見る。

「大切なことだ、直ぐに出掛けるぞ」

三人がガラクタ山の近くまで来ると、村人は一斉にジードを囲むようにして集まってきた。

「ジード、お前なのか。風を発生していたのは」

「頼むジード、風を起こしてくれ」

「お前が守ってくれてたんだろう」

村人は一斉にジードに頼み込むが、当の本人は村人が何を言ってるのか判らず、ただ呆然と立ちすくんでいた。

「えー、ジードが風さんなの!」

フィズリーが言う。とても不思議そうな顔つきで、ジードを見続けていた。

(からくり童子間でも、相手の能力を見極めることは出来ないのか。二人とも記憶を失っているせいか、それとも、ただのんきなだけなのか)

ゼファーは思う。

しかし、そんなことを考えるより、今の状況を打破しなければならない。

「ジードにどうこう言っても始まらない」

「これからの対策をとるべきだ」

村人に対して高らかに声を上げる。

「とりあえずだな、こういう時は、こういう時は………???」

声を出したは良いが、対策が思い浮かばない。

そこに、鍛冶屋のハンマが皆に言った。

「侵入者を防ぐためにかがり火を焚いて、村の入り口を警備しよう」

鍛冶屋のハンマは、モザークの村からの移住者であった。

モザークでは村人自ら自警団を組んで対策をとっている。

その知識を口にした。

皆は今、そのハンマの意見に頼るしかなかった。
他に対策が思いかばないからである。

鍛冶屋のハンマを中心にして、実行に移すこととした。

そんな中、なぜかゼファーだけが、ふてくされている。

(わしも、そう言おうと思っておったのに……)


今日のわんこ
プロフィール

からくりオム

Author:からくりオム

めざせ!いきもの大図鑑
Yahoo!ブログで、 動物図鑑やってます。
ここを、クリック!!  目標 1000種類
只今、   4種類

コアラ
追加しました
画像クリックで、覗いて見て下さい。
ブログランキング参加中
クリックして頂けると、操作意欲が燃え上がります。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 人気ブログランキングへ
ご訪問された際は、ぜひクリックしてやってくださいませ。
最新記事  
最新コメント
ご訪問者様
Yahoo!ショッピング
◆2950円以上で送料無料!
◆歯の弱った猫や高齢猫も食べやすい!
Yahoo!ショッピング
今までの避難リュックセットHRS15に保存水と災害備蓄用パンが追加になった、災害時に役立つ避難グッズです。
MicroAd
RSSリンクの表示
あし@
QRコード
携帯でも、お楽しみください。
QR
メニューバナー
からくり童子 風のジード 通常版 目次一覧  機巧童子 風のジード 修正版 目次一覧  からくり童子 ライブ・ジェム 編集版 目次一覧
ブログ紹介
☆わんちゃん 犬里親募集ブログ!
犬里親募集・迷子犬捜索募集
このブログは、 犬の里親になりたい人の為のブログです。 犬の迷子捜しもしています。 犬のお役立ち情報なんかも あわせて紹介していきます。
カテゴリ
フリーエリア
Twitterボタン
Twitterブログパーツ by 無料ブログパーツ
[PR]クーバル                 「おきてがみ」FC2の方も押して頂けると、ありがたいです。 blogram投票ボタン
おすすめサイト(バナー有)
 駄文同盟.com   駄文同盟.com[全創作系個人サイト検索エンジン]様 ネコも歩けばくたびれる   犬塩さびき様 五黄猫国往来記   のくにぴゆう様 小説ブログ「DOOR」   lime様 三流自作小説劇場    ヒロハル様 黄輪雑貨本店 新館  黄輪様 屋根裏夜警団   有村司様
おすすめサイト
ブロとも申請フォーム
ブロともの皆さん
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。