ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  からくり童子 風のジード   »  08 少年の夢  »  からくり童子 第8話 少年の夢 第56回 ゼファーの回想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からくり童子 第8話 少年の夢 第56回 ゼファーの回想

通常更新版になります。
第8話 少年の夢
第56回 ゼファーの回想



カタナとジョグが食事をとっている間、ゼファーはずっと“ライブジェム”を見続けている。

「私の人生の始まりは、ライブジェムにある」そう考えていた。

ゼファーが16歳の時である。
野原でラブロマンスを繰り広げている時、遠くの崖でほのかに光る物体を見つけた。
小さいかけらであったが、自ら光るそれを不思議に思い、自宅へと持ち帰った。
父親に見せたところ、自宅の地下室に同じ物が4片、小瓶に入れて保管されていると言う。
父親もからくり技師であったが、これについては何も知らなかった。
若きゼファーは、光るかけらを探しに地下室に下りた。
そこは、からくり部品が雑然と置いてある薄暗い部屋である。
壁周りには棚が置いてあり、その棚だけは部品別に整理されていた。
その棚の一部に未分類と書かれた一角がある。
そこに、かけらの入った小瓶があった。
薄暗い部屋の中で、ぼんやり光っていた為、直ぐに見つけることが出来た。
部屋に戻ろうと振り向いた時、床に無造作に置かれた本に足を乗せ、すべって転んでしまった。
頭にきたゼファーは、その本を持って投げようとした時である。
かけらの光で、ぼんやりと本のタイトルが見えた。
そこには、“Doll”と書かれている。
聞いたことも無い言葉だった。ゼファーの心に響くものがあり、不思議な感覚で眺めていた。
部屋に戻ったゼファーは、小瓶を机の上に置き、ベッドに横たわって“Doll”なる本を読んだ。
かなり古い本であり、文字が読めないほど薄くなっている箇所もあるが、何とか自分の知識をフル活用して、読み進めていった。
“からくり人形”に関する内容であった。
ゼファーの家は、代々からくり技師を生業としており、小さい頃から“からくり”に接していた。
その為、難なく理解することが出来た。
その本の最後のほうで、限りなく人間に似せた“からくり人形”について語っているページがあった。
子を亡くした親や、親を亡くした子達の為に、人間に似せた“からくり人形”を制作したのだそうだ。
現在、ゼファーのいる時代に、人間に似せた“からくり人形”は存在していない。
それは、この“からくり人形”は、外皮を有機体で覆ってあり、年月と共に劣化して行き、1000年近くたった現在は、発掘されても只の機械構造体に過ぎなかったからである。
当時でも、この有機体を維持することは難しく、持っても10年が良いところであった。
擬似細胞の修復が、ある一定数を超えたら崩壊してしまうからである。
その細胞修復の数を増やすことは困難なため、細胞の維持構成の時間を延ばすことが試みられた。
が、思うほどの成果が出ない。
そんな時であった。
“ライブジェム”と呼ばれる鉱石が見つかり、数々の可能性を秘めている事がわかった。
その鉱石の中には、細胞の維持保存や修復に効果がある種類も存在する事がわかった。
医学の分野で大きな進展が考えられたが、人間に投入する前に、有機体を持つ“からくり人形”で実験を行う事とした。
その結果、細胞崩壊する事無く、50年以上の効果が期待できると結論付けた。
その実験に使われた人形は、子供の姿をしていたことから、“からくり童子”と呼ばれるようになった。
ゼファーが読んでいた本には、その“ライブジェム”について書かれた記事があった。
当時はまだ未知の鉱石であった為、詳細には触れていないが、水晶に酷似しており、ほのかに輝いているとある。
ゼファーは小瓶に入った物体、これこそが”ライブジェム”ではないかと考えた。
そして、自ら“ライブジェム”の研究に取り組み、4年後の20歳の時に空筒砲を完成させたのである。
とはいっても、“ライブジェム”を知るための副産物のようなものであったのだが。
さらには、“からくり童子”なる存在が気に掛かり調べていくうちに、その研究施設が現在のニーパン大陸のどこかに存在していたことがわかった。
今となっては、その研究施設があるはずはないのだが、新たな手がかりが見つかるのではという期待感が胸を膨らませた。
若きゼファーは故郷を飛び出し、当てのない旅を続け、ついにイザークの村にたどり着いたのである。
秘密の洞窟にて発掘される“からくり人形”がそうであるし、ガラクタ山から見つかる“からくり装置”いわゆる機械の類もそうである。
ゼファーがイザークの村にやって来た時には、山の上に森は無く、当然水も湧き出てはいない。
ゼファーは見当をつけ、水脈を探した。
それが今、ゼファーの自宅がある風車小屋の場所に当たるのだが、この下には豊富な水があった。
それは配管が伸びていて、容易に水をくみ上げることが可能だったのである。
それに、イザークの地形にも目を向けた。
山からクワガタ虫の角のように伸びた崖が存在する。
それは不自然な事であったからだ。
そして今、自分の近くにフィズリーとジードが存在している。

「これは、わしの運命なのかも知れない。“ライブジェム”を解析する事こそが、わしの使命」

だと、考えにふけっていた。
ゼファーが若い頃に読んだ本には、こうも書いてあった。
“ライブジェム”には、九つの種類のエネルギー要素がある。
それは火であり土でありと、書かれているのだが、後は文字がかすれて読み取れない。
今、ゼファーは九つの1つが風であり、種であり、フィズリーが言っていた発ではないかと考えている。
それが正しい答なのか、正しければ残りの4種類は何であるかを知りたかったし、“ライブジェム”には、どういう可能性が秘めているのかも知りたかった。
また、“からくり童子”の詳細についても知りたかった。
ゼファーの考えでは、“ライブジェム”こそが“からくり童子”のエネルギー源だと考えている。
“からくり人形”はプログラムによって動いている事を、ゼファーは知っている。
しかし、“からくり童子”であろうフィズリーは、人間と見間違うほど精巧な作りをしており、意思を持っているかのように思える。
とてもプログラムによって動いているようには思えない。
“からくり人形”と違い、電気による充電は必要ない。
ただ人間とあきらかに違うところが、1つあった。
フィズリーを発見してから今日までの2年間、体の成長がないという事である。
このままイザークの村に居続けたら、村人はフィズリーを不思議がる日が必ず来よう。
この先どうしたら良いか、手にした“ライブジェム”の光を眺めながら、考えにふけっていた。

「あの、もう食事は終わったんですけど。そろそろ、メンテお願いできませんかね」

カタナはゼファーを覗き込んで言った。




スポンサーサイト
Comment
おひさしぶりです♪
風のジード、ようやく最新のおはなしに追いつきました!
最初は名前の出てこない包丁少年がジードだと思ってたんですけど、違いましたね。
カタナ君、すごく強いんだけどちょっとコミカルな人間臭い面の方が印象的で大好きです。
ジードはまだぼんやりしてる感じですけど、フィーズリーやカタナ君とどういう関係になっていくのかとても楽しみです。
刺客も来るみたいですしね。
続きも楽しみにしています!
少年=カタナか~
カタナは素直な性格になってますね、大人になったって事かな?カタナとジードはこれから絡んでいくんですかね~?想像が膨らんでいきます。
これからも頑張ってください。
Trackback
第8話 少年の夢第56回 ゼファーの回想 カタナとジョグが食事をとっている間、ゼファーはずっと“ライブジェム”を見続けている。 「私の人生の始まりは、ライブジェムにある」
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
今日のわんこ
プロフィール

からくりオム

Author:からくりオム

めざせ!いきもの大図鑑
Yahoo!ブログで、 動物図鑑やってます。
ここを、クリック!!  目標 1000種類
只今、   4種類

コアラ
追加しました
画像クリックで、覗いて見て下さい。
ブログランキング参加中
クリックして頂けると、操作意欲が燃え上がります。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 人気ブログランキングへ
ご訪問された際は、ぜひクリックしてやってくださいませ。
最新記事  
最新コメント
ご訪問者様
Yahoo!ショッピング
◆2950円以上で送料無料!
◆歯の弱った猫や高齢猫も食べやすい!
Yahoo!ショッピング
今までの避難リュックセットHRS15に保存水と災害備蓄用パンが追加になった、災害時に役立つ避難グッズです。
MicroAd
RSSリンクの表示
あし@
QRコード
携帯でも、お楽しみください。
QR
メニューバナー
からくり童子 風のジード 通常版 目次一覧  機巧童子 風のジード 修正版 目次一覧  からくり童子 ライブ・ジェム 編集版 目次一覧
ブログ紹介
☆わんちゃん 犬里親募集ブログ!
犬里親募集・迷子犬捜索募集
このブログは、 犬の里親になりたい人の為のブログです。 犬の迷子捜しもしています。 犬のお役立ち情報なんかも あわせて紹介していきます。
カテゴリ
フリーエリア
Twitterボタン
Twitterブログパーツ by 無料ブログパーツ
[PR]クーバル                 「おきてがみ」FC2の方も押して頂けると、ありがたいです。 blogram投票ボタン
おすすめサイト(バナー有)
 駄文同盟.com   駄文同盟.com[全創作系個人サイト検索エンジン]様 ネコも歩けばくたびれる   犬塩さびき様 五黄猫国往来記   のくにぴゆう様 小説ブログ「DOOR」   lime様 三流自作小説劇場    ヒロハル様 黄輪雑貨本店 新館  黄輪様 屋根裏夜警団   有村司様
おすすめサイト
ブロとも申請フォーム
ブロともの皆さん
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。