ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  からくり童子 風のジード   »  08 少年の夢  »  からくり童子 第8話 少年の夢 第60回 カタナの夢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からくり童子 第8話 少年の夢 第60回 カタナの夢

通常更新版になります。
からくり童子 風のジード
第8話 少年の夢
第60回 カタナの夢


ゼファーの風車小屋では、今までの不行状を白柴のヘンドリーことジョグに説教されて、うな垂れている少年カタナがいた。

「そう言やぁ、カタナ。お前さん、わしに会うために旅をして来たと言っとったなぁ」

新しい空筒砲の設計図面をひきながら、カタナに問いかけた。
これはジョグに説教されているカタナに、助け舟を出す事にも繋がった。

「あっ、そうだった、忘れてた。俺な、夢を叶える為に来たんだ」

「夢?」

「そうさ、空飛ぶからくり箱を造りたいんだ」

「空飛ぶからくり箱………飛空艇の事か」

「飛空艇?」

「空飛ぶ乗り物じゃ」

「そうか、飛空艇か。その飛空艇で、世界を飛び回りたいんだ」

「フッ」

「今、フッて鼻で笑ったか。俺を馬鹿だと思ったろう」

「いや、そうじゃない。夢を語る、誰もがそうじゃ。だがな、その若さで逸早く行動に移した事は、たいしたもんじゃと思うとる。大抵は口にするだけで、行動する事も無く、人生を終える者が多いからな。それに、からくり屋の倅はやっぱり、からくり屋だと思ってな」

「……行動に移したって言っても、どうして良いか分からず、それを教えてもらおうと思って来ただけだよ」

「それで、ラグーンから1,000㎞も離れたイザークに旅するか?ふつう」

「まぁ、そう言われりゃそうだけど」

「まぁ、天才からくり技師たるこのわしに、教えを乞おうとはナイスチョイスじゃが、ラグーンにもからくり技師は、お前さんの父親の他にも数人いるだろう。何故わしの所にやって来た?」

「ラグーンは、地下に保管されてたからくり人形を、引き上げて使ってるだけだし、からくり技師って言ったって、ただの修理屋に過ぎないのさ。その点ゼファーはからくりを発掘して、壊れてるところを直して使えるようにしてるんだろう」

「それを修理といわんか?」

「小さい時に見たんだ。ラグーンの町に行商人のショーバが着た時、“ホーバー”を」

「砂の上を、ものすごいスピードで移動してた。鶏よりも早かったよ」

「あぁ、あれか」

「ホーバーはゼファーが作ったって言ってたんだ。そうなんだろう」

「まぁ、それはそうじゃが」

「なっ、あんなのラグーンの町に作れる奴なんて、いないよ」

「お前さんの父親なら作れるだろう」

「駄目さ、親父も只の修理屋さ」

「…………。ホーバーはな、上面から空気を吸い込んで圧縮し、下面から少しづつ吹き出させてやる事で、浮いておる。その装置を設計したのは、カタナ、お前さんの父親じゃぞ」

「どうして親父が、さっきは名前を知ってるぐらいにしか言わなかったのに」

「まぁ、色々とな。ところで、自分の父親の夢を知っているか?」

「いや、聞いたことない」

「どうせ、父親とろくに話しもしておらんのじゃろう」

「あぁ、そう言われれば。いつも怒ってばっかいるからさ」

「当たり前だろう。親というのはな、子供を一人前になって欲しいという願いで、怒ることもある」

「バルカン=ギブソンの夢はな、人工的に水を作ることじゃ」

「みず?水なんて、そこら中にあるだろう」

「今はな。だが、地下から水を汲み上げるのも、将来的には不可能になるじゃろう」

「この惑星は、1,000年前の異常現象で大気さえ変動させてしまった。その結果、あまり雨も降らん状態になっておる。このままでは、いずれ水は枯渇すると考えたバルカンは、人工的に水を作り、世界中に届けることを考えた。それがあいつの夢じゃ」

「そんな大それた事、本当に考えているのかぁ」

「現に見てみろ、自分の水筒を」

「そんな水筒1つで、ようもここまで辿り着けたもんじゃ」

「この水筒に何かあるのか」

「気付かんのか。その大きさにしては、大分重いと思わんか?」

「厚みのある良い合金でも使ってるからじゃないか」

「その水筒は、外気温と比べると大分冷たいと思わなんだか?」

「合金を二重張りにして、保温性を高めてるんじゃないか」

「水筒の大きさに対し、入る水の量が少なすぎると思わんか?」

「……、それは、確かに思う」

「入れた量に対して、飲む量は多くなかったか?」

「おぉう、確かに」

「おそらく、水筒の底に機巧装置が組み込まれているのであろう」

「水を圧縮してるのか?」

「いや、水は圧縮できんよ」

「つまりじゃな、バルカンの夢が現実の物となったと言う事だ」

「水を作り出してるという事か」

「そうじゃ、それも水筒の底に仕込める程に小型化し、しかもかなりの衝撃に耐えられる構造になっとるはずじゃ」

「親父からは、何も聞いてなかったぜ」

「話が元に戻りそうだな」

「でも、それって本当かな。全然気付かなかったけど」

「気付かぬほどに少しづつ、水が作り出されるようにしてあるのではないか」

「何でそんな事する必要があるんだ。水が作れるなら、一気に出たほうが良いだろう」

「水筒に仕込むほどの物だ、たいした量でもあるまい。少しづつ作り出す事によって、長期間使えるようにしたんじゃろう。もしかすると、お前さんがわしの所に来る事が、わかっておったかも知れんぞ」

「本当にそんな装置が仕込まれているのか、解体して調べてみる」

「よせ、下手な解体をすれば、爆発する可能性もあるぞ」

「バクハツ?そんなもん、子供に持たせるわけないだろう」

「普通に使う分には問題なくても、解体は別じゃ。わしが思うような仕組みであれば、その可能性もあるという事じゃ」

「親父って、すごいんだな。ゼファーより天才かも」

「何を言う、バルカンは2番目じゃ。天才からくり技師のこのゼファーが、1番じゃ」

「その天才さんに質問。飛空艇は作れるか」

「わからん、1000年前と同じものと言われれば無理じゃが、空を飛ぶ理屈なら多少はあるつもりじゃ」

「じゃぁ、作ってくれ」

「駄目じゃ、自分の夢は自分で達成してこそ、意義がある。教えてやるから、自分で作るんじゃ」

「その代わり、わしの手伝いをしながらじゃな」

「よし、わかった。何をやれば良い」

「まあ待て、仕事は明日からじゃ。今日は、ゆっくり休んどけ」




スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
今日のわんこ
プロフィール

からくりオム

Author:からくりオム

めざせ!いきもの大図鑑
Yahoo!ブログで、 動物図鑑やってます。
ここを、クリック!!  目標 1000種類
只今、   4種類

コアラ
追加しました
画像クリックで、覗いて見て下さい。
ブログランキング参加中
クリックして頂けると、操作意欲が燃え上がります。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 人気ブログランキングへ
ご訪問された際は、ぜひクリックしてやってくださいませ。
最新記事  
最新コメント
ご訪問者様
Yahoo!ショッピング
◆2950円以上で送料無料!
◆歯の弱った猫や高齢猫も食べやすい!
Yahoo!ショッピング
今までの避難リュックセットHRS15に保存水と災害備蓄用パンが追加になった、災害時に役立つ避難グッズです。
MicroAd
RSSリンクの表示
あし@
QRコード
携帯でも、お楽しみください。
QR
メニューバナー
からくり童子 風のジード 通常版 目次一覧  機巧童子 風のジード 修正版 目次一覧  からくり童子 ライブ・ジェム 編集版 目次一覧
ブログ紹介
☆わんちゃん 犬里親募集ブログ!
犬里親募集・迷子犬捜索募集
このブログは、 犬の里親になりたい人の為のブログです。 犬の迷子捜しもしています。 犬のお役立ち情報なんかも あわせて紹介していきます。
カテゴリ
フリーエリア
Twitterボタン
Twitterブログパーツ by 無料ブログパーツ
[PR]クーバル                 「おきてがみ」FC2の方も押して頂けると、ありがたいです。 blogram投票ボタン
おすすめサイト(バナー有)
 駄文同盟.com   駄文同盟.com[全創作系個人サイト検索エンジン]様 ネコも歩けばくたびれる   犬塩さびき様 五黄猫国往来記   のくにぴゆう様 小説ブログ「DOOR」   lime様 三流自作小説劇場    ヒロハル様 黄輪雑貨本店 新館  黄輪様 屋根裏夜警団   有村司様
おすすめサイト
ブロとも申請フォーム
ブロともの皆さん
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。