ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  からくり童子 風のジード   »  01 少年と白い犬  »  第5回 第1話 少年と白い犬 その5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 第1話 少年と白い犬 その5

……

アルマジロンは声さえ出せない程の激痛に襲われた。

大量の血が流れ出す。

砂地は真っ赤な血の海と化す。

それでも、まだ倒れない。

少年は更に突き刺そうと飛び上がった。

その時さらに凶暴化したアルマジロンは、体を反転させながら、少年めがけて尻尾を振りかざす。

尻尾は少年の横っ腹にあたり、突き飛ばされてしまった。

アルマジロンは生きるために必死である。

食料と思って咬み付いたにもかかわらず、その食料から手痛い反撃を食らっているのだから。

アルマジロンは尚も尻尾を振り回し、今度はジョグをねらった。

しかしジョグは、ことごとくそれをかわす。

かわしながらも、腹部を咬もうと果敢に挑むが、なかなか近づくことが出来ない。

それを見ていた少年は、立ち上がりながら、

「接近戦は無理か」

目を突かれ腹をえぐられて暴れるアルマジロン。近づくことが出来ない。

少年は腰にぶら下げた空筒砲(からづつほう)のスイッチを入れた。

空筒砲とは、前世界の遺物である。

空気を筒の中に吸収し、圧縮させ、弾のように打ち出すことが出来る。

空筒砲ラフイメージ
空筒砲ラフイメージ  画像提供 犬塩さびきさん

威力はそれなりにあるが、空気を充填するのに時間がかかる。

形状は銃と言うより楽器のトランペットに近い。

キュイーン

音と共に空筒砲が空気の吸引をを開始した。

空筒砲を使うには、3分間の充填時間が要る

赤・黄色・緑・青の四つのランプがあり、充填容量を教えてくれる。

青のランプが光れば充填完了である。

今はまだ赤ランプ。

空筒砲は、戦闘には不利な武器だ。

そこで少年は、腰に2丁ぶらさげ、荷物袋に予備を2丁つるしていた。

連射は出来ないが、充填時間を攻略するには十分であろう。

少年は突き飛ばして遠くにいる。

犬は警戒して近寄ってこない。

それを確認したアルマジロンは、再び体を地面に伏せてしまった。

これ以上、腹を攻撃されてはたまらない。

目も前足で覆い隠し、岩のごとくじっとして動かなくなった。

それは、血の海に浮かぶ島のようだ。

空筒砲のランプが黄色に変わった。

充填完了まで後2分。

「くそ、あれじゃ威力が出ない」

全身鎧と化したアルマジロンには空筒砲でさえも、あまり効き目が無い。

少年はもう一度アルマジロンを立たせようと、柳刃包丁で立ち向かっていく。

何度も何度も斬りつける。が、刃こぼれするだけ。

音だけがむなしく響く。やはり効き目は無い。

空筒砲のランプは緑に変わった。

後1分。

このままでは、空筒砲が充填されても意味が無い。

よし、もう一度砂に潜れと言わんばかりに、少年はジョグに目で合図を送った。

ジョグは少年の合図を見つつ、また砂の中にもぐりこんだ。

砂の中で懸命に犬かきするジョグ。

だが、先程のように砂の中をすいすいとは進めない。

アルマジロンの血が砂の中にまで浸透している。

砂が重い。

少年はジョグがたどり着くまで、懸命に柳刃包丁を振るった。

この強い日差しの中、激しい動きは相当に体力を奪う。

しかし、やらなければ自分がやられる。

第一、モンスターは食料になる。

荒野の中で食料を確保することは、モンスターにとっも少年にとっても難しいことである。

その意味でも、少年は必死だったのである。

ジョグはようやくアルマジロンの腹部にたどり着くと、また口を大きく開き腹部に噛み付いた。

グギャギャギャギャャャャャャーーーー!!!!!!

絶叫に近い叫びであった。

その痛みは相当なものであったのか、アルマジロンは宙に飛び跳ねてしまった。

その時、

チーン

電子レンジの解凍音みたいな音がして、空筒砲のランプが青に変わった。

充填完了。

いつでも打ち出せる。

ジョグはまだ噛み続けている。

アルマジロンの腹にブラブラとぶら下がっていた。

アルマジロンは、また腹にぶら下がっているジョグを振り落とそうと、後ろ足を軸に体を大きく右に左に振る。

少年はアルマジロンとの距離をとる。

あんまり近すぎては、威力が出ないからだ。

少年は腰を落とし、空筒砲を右腕でかかえ、左手を添えた。

「今だ!!!!」

合図と共にジョグはアルマジロンからはなれる。

その瞬間、少年は空筒砲のトリガーを引いた。

ブシュ

空筒砲から発射された空気弾。

以外にも音は小さい。

しかも、その空気弾はピンポン玉程度の大きさだ。

これで、3メートルにもなるモンスターを倒せるのか。

キーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン

空気弾はアルマジロンに向かって飛んでいく。

周りの空気をからめとり、急速に大きくなっていく。

それは、少年のこぶし程度の大きさになり、バレーボールほどの大きさになった。

さらには砂を巻き上げ、ギュルギュルと音を立てながら渦を作り、かなりの回転を加えている。

一筋の黄色い線となり、打ち出したときより数倍の大きさになった空気弾は、

ズドドドドドゴーーーーーーンンンン!!!!!!!

アルマジロンの腹の傷に直撃した。







スポンサーサイト
Comment
こんにちはです
先日は相互リンクのお誘い、ありがとうございました。
小説の方、楽しく読ませて頂いております。

今回の話の中の1節
「第一、モンスターは食料になる」
この台詞はかなり印象的でした。

物語の空気を読者が理解するための、1つの指標になる良い表現だと思います。
今まで読んだ5回分の中で一番心に残りました。
Re: LandM さん
こんばんは。
改めて、アルマジロンと柳刃包丁の戦いって言われると、何だか恥ずかしいですね。
でも、面白いと言われれば、やっぱり嬉しいです。
ありがとうございます。
No title
おお、アルマジロと柳刃包丁の戦いですね。
これはこれで新鮮でいいですね。
ファンタジーぽくもあり、リアリティもあり面白いですね。
Re: こんにちは
ありがとうございます。

何回も何回も、書いては書き直しの連続です。

うまく表現が伝わっているか毎日心配です。

楽しんでいただければ幸いです。
こんにちは
どうも。小説読ませていただきました。
オリジナルストーリーを考えるなんてすごいです。僕には到底できません。。
アルマジロンとの戦いがどうなるのか、楽しみです!
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
今日のわんこ
プロフィール

からくりオム

Author:からくりオム

めざせ!いきもの大図鑑
Yahoo!ブログで、 動物図鑑やってます。
ここを、クリック!!  目標 1000種類
只今、   4種類

コアラ
追加しました
画像クリックで、覗いて見て下さい。
ブログランキング参加中
クリックして頂けると、操作意欲が燃え上がります。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 人気ブログランキングへ
ご訪問された際は、ぜひクリックしてやってくださいませ。
最新記事  
最新コメント
ご訪問者様
Yahoo!ショッピング
◆2950円以上で送料無料!
◆歯の弱った猫や高齢猫も食べやすい!
Yahoo!ショッピング
今までの避難リュックセットHRS15に保存水と災害備蓄用パンが追加になった、災害時に役立つ避難グッズです。
MicroAd
RSSリンクの表示
あし@
QRコード
携帯でも、お楽しみください。
QR
メニューバナー
からくり童子 風のジード 通常版 目次一覧  機巧童子 風のジード 修正版 目次一覧  からくり童子 ライブ・ジェム 編集版 目次一覧
ブログ紹介
☆わんちゃん 犬里親募集ブログ!
犬里親募集・迷子犬捜索募集
このブログは、 犬の里親になりたい人の為のブログです。 犬の迷子捜しもしています。 犬のお役立ち情報なんかも あわせて紹介していきます。
カテゴリ
フリーエリア
Twitterボタン
Twitterブログパーツ by 無料ブログパーツ
[PR]クーバル                 「おきてがみ」FC2の方も押して頂けると、ありがたいです。 blogram投票ボタン
おすすめサイト(バナー有)
 駄文同盟.com   駄文同盟.com[全創作系個人サイト検索エンジン]様 ネコも歩けばくたびれる   犬塩さびき様 五黄猫国往来記   のくにぴゆう様 小説ブログ「DOOR」   lime様 三流自作小説劇場    ヒロハル様 黄輪雑貨本店 新館  黄輪様 屋根裏夜警団   有村司様
おすすめサイト
ブロとも申請フォーム
ブロともの皆さん
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。